2019.11.14 KUFUKI’S HARVEST FES 〜João Pais Filipe Asia tour in Tokyo〜

2019年11月14日木曜日 18:00〜22:00

青山 月見ル君想フ
〒107-0062 港区東京都港区南青山4丁目
WEB予約1,800円 / 当日2,000円 (別途1D600円)
(予約はFBイベントに参加、または月見ルへの電話予約で承ります。)

くふきの大豊年祭 − João Pais Filipe Asia tour in Tokyo −

ポルトガルが誇る、鬼才パーカッショニスト・ゴングメーカー JOÃO PAIS FILIPE 初来日公演!!

LIVE
João Pais Filipe(from Portugal)
くふき
松本一哉

黄金顔面ゴング1

黄金顔面ゴング2

これらゴングの作者がJoão Pais Filipe。数々の独創的ゴングをクリエイトするポルトガル在住の鬼才パーカッショニスト。
アジアツアーの一環として、東京@月見ル君想フ にて初来日公演が決定しました!

メカニックとオーガニック。ループとリピート。ダンスフロアの爆発とマントラの輪転。その陰陽が絶妙にコントロールされた新しいサウンドは、ethno techno〔エスノ・テクノ〕と呼ばれる。
その活動の幅はまさにエスノ・テクノ。民族音楽の現地セッション(直近ではアフリカ・ウガンダ)から、Burnt Friedmanとのコラボレーション等、独自の広がりをもったものです。

我々くふきのポルトガルの盟友 lovers and lollipops からもリリースするJoão Pais Filipe、鉄壁の自信を持って招聘いたします。

共演は日本が誇る非楽器奏者 松本一哉!Joãoと共演してほしいアーティストとしてまっさきに浮かんだのが松本一哉でした。彼ら音の響きには大陸をまたいで共通点を感じます。

そしてくふきは中野大和町大盆踊りでも共演したdansky!チームと共に登場!

イベントタイトルは”くふきの大豊年祭”の満を持した復活!
六本木SuperDeluxeの閉店をもって休止していた、くふきの一大ライブイベントに冠するタイトル。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

※11/17にbonoboで開催される “△animal vol.拾参△~feat.DJ Cuidado and João Pais Filipe~” はダンスを主眼としたスピンオフイベント。こちらもよろしくどうぞ

João Pais Filipe

João Pais Filipe is not the kind of musician who talks the talk — better yet, the Porto-based artist, who’s also an artisan behind its own and unique drum kit, walked the industrial, jazz and avant-garde walk to the point he found a space yet to be occupied by European scholars and their musical notations. In his one of a kind expression, the percussionist bends musical compositions to the point melodies and harmonies are the outcome of rhythmic relations instead of a tyrannic expression ruling over creation. Filipe designed a new direction in sound, which he calls ethno techno and where he manages constant dualities, between mechanic and organic, loops and repetitions, dancefloor explosions and circular mantras. Playing solo, João Pais Filipe takes on electronic dancefloor structures in a quite idiosyncratic way, channeling through his self-designed, handmade percussion kit each layer and idea, imbuing them with non-industrialized imperfections and rustic textures and setting a new path for the genre.
His first, eponymous full-length is composed by three different pieces inhabited by his near-mechanical rhythmic precision and where he reinterprets techno, house and other dancefloor structures through circular patterns and the unprocessed, natural timbres of his kit. An uncanny experience where musique concrète is reshaped to truly moving musical formats created through his own polyrhythmic compositions and unusual bars, while providing relatable and genuinely emotional tunes. João Pais Filipe took the machines’ place in order to understand if androids do dream of electric sheep — only to find out they started to with ethno techno.

joao-pais-filipe.tumblr.com
www.loversandlollypops.net

松本一哉〔Kazuya Matsumoto〕
音楽家、サウンドアーティスト、ドラマー。主に楽器ではなく、美術家や造形作家の創作する造形物や非楽器を使用し、音と音楽を越境する表現を追求している。偶然に起こる環境音との即興演奏・録音によるドキュメンタルな作品作りや、場に滞在し続け音の在り方を展示する動態展示、全都道府県101ヶ所の演奏ツアーを行うなど、その場でしか起こらない・起こせない音を意識した表現活動を展開。自身の演奏と環境音とを繋げていき空間全体を聴く事で「なにを聴いているのかわからない」体験をさせる即興表現は、言葉では言い表す事の出来ない想像を促す表現として様々な分野から高い評価を受けている。
これまで、ミニマル・アンビエントの名門レーベルSPEKKから「水のかたち(2015年)」「落ちる散る満ちる(2017年)」を発表。バストリオの舞台や映画に多数出演。音楽を担当した吉開菜央監督の作品「Grand Bouquet」がカンヌ国際映画祭監督週間に正式招待。瀬戸内国際芸術祭2019 DOMMUNE SETOUCHIにてDOMMUNE Presents 非楽器奏者「松本一哉の世界」に出演。など、多岐にわたって活動。
www.horhythm.com

くふき & dansky!〔Kufuki & dansky!〕
やおよろずの音楽に影響をうけて「いま」の音楽を創作する肉体派音響バンド。日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。ドイツ・イギリス・ポルトガルからアルゼンチン・コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年韓国、2014年ヨーロッパと海外ツアーも積極的に行う。旬の音楽家が集う「くふきの大豊年祭」(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ「animal」(神宮前bonobo)などイベントも精力的に開催。2018年1月 映画「バンコクナイツ」トリビュート盤12インチ「田舎はいいね」そして2018年4月12インチ「どどめe.p.」を英国Les Editions Japonaisからリリース。今回はダンサーグループ dansky! と共演!
kufuki.jp

Next Post

Previous Post

© 2019 くふき