2019.11.17 △ANIMAL VOL.13△~FEAT.DJ CUIDADO AND JOÃO PAIS FILIPE~

2019年11月17日日曜日 17:00〜23:30
料金:1500円/1d
於:bonobo 東京都 渋谷区神宮前2-23-4

ポルトガル・地下音楽シーンの最重要レーベル”lovers & lollypops”総帥 DJ Cuidadoが奇才パーカッショニスト、ゴングメーカー João Pais Filipeとともに初来日!

その可愛らしい名前とは裏腹に、ポルトガルの深淵かつ重厚な部分をもっともうまく表現するレーベルlovers & lollypops”。
奇才パーカッショニスト、ゴングメーカー João Pais Filipeとともに来日する、総帥 DJ Cuidado は実に優れたDJでした。

当初、11/14 “くふきの大豊年祭〜João Pais Filipe Asia tour in Tokyo〜”だけを企画していた我々ですが、それだけではもったいない。
スピンオフDJイベントとして、今回のアニマルを開催します。

ポルトガル勢にはぜひとも見せたかった、Chee Shimizu氏を始めとする日本屈指のディープなDJ陣をオファー。
くふきも久しぶりに全員ソロで登場します。

11/14ともども、どうぞよろしくでおねがいします!

Special Guest DJ:
DJ Cuidado

LIVE:
João Pais Filipe(小編成セット)
としまさ(くふき)

DJ:
Chee Shimizu
suimin
Kunio Teramoto a.k.a. moppy
Kenjinho
DJ HONEYPANTS
Keito
Moctor
こんの(くふき)
さいとう(くふき)
のぶなが(くふき)

獣料理:
煙や

出店:
モロッコ軍団

Melomania is perhaps the word that best describes the relationship of Joaquim Durães with this art. His first memories of music was the shattering of his father’s records by his own hand. Later, he took a more artistic intrigue in them. Though he was not driven to learn to play any instrument, he sought to delve deeper into the intricacies of music. Discreet, almost silent, is the hallmark of this artistic director of the portuguese label Lovers & Lollypops and as DJ Cuidado

https://www.mixcloud.com/eastsideradiolx/dj-cuidado-15-feb-2019/
https://www.mixcloud.com/MeduseMagiQ/radi%C3%B3-meduse-magiq-carte-blanche-with-lovers-lollypops-january-2019/

João Pais Filipe is not the kind of musician who talks the talk — better yet, the Porto-based artist, who’s also an artisan behind its own and unique drum kit, walked the industrial, jazz and avant- garde walk to the point he found a space yet to be occupied by European scholars and their musical notations. In his one of a kind expression, the percussionist bends musical compositions to the point melodies and harmonies are the outcome of rhythmic relations instead of a tyrannic expression ruling over creation.
Filipe designed a new direction in sound, which he calls ethno techno and where he manages constant dualities, between mechanic and organic, loops and repetitions, dan- cefloor explosions and circular mantras. Playing solo, João Pais Filipe takes on electronic dancefloor structures in a quite idiosyncratic way, channeling through his self-designed, handmade percussion kit each layer and idea, imbuing them with non-industrialized imperfections and rustic textures and setting a new path for the genre.
His first, eponymous full-length is composed by three different pieces inhabited by his near-mechanical rhythmic precision and where he reinterprets techno, house and other dancefloor structures through circular patterns and the unprocessed, natural timbres of his kit. An uncanny experience where musique concrète is reshaped to truly moving musical formats created through his own polyrhythmic compositions and unusual bars, while providing relatable and genuinely emotional tunes. João Pais Filipe took the machines’ place in order to understand if androids do dream of electric sheep — only to find out they started to with ethno techno.

joao-pais-filipe.tumblr.com
www.loversandlollypops.net

 


Chee Shimizu
DJ、選曲家、執筆家、プロデューサー、レコード・ショップ<ORGANIC MUSIC>の運営など、多彩な顔を持つ音楽人。ダンスからリスニング、フリーフォームなエクスペリメンタル・セットまで幅広いプレイ・スタイルを展開。著書に『obscure sound~桃源郷的音盤640選』。17853 Records、JAPANISMなど複数のレコード・レーベルを主宰。昨今は即興音楽家のmiku-mariとのハイブリッド・ライブ・セッションにも積極的に取り組んでいる。2019年6月、東京下井草に<PHYSICAL STORE>をオープン。
http://organicmusic.jp/

suimin
『覚醒、瞑想、殺人。』


Kunio Teramoto a.k.a. moppy
サイケデリック音楽探求の末辿り着いたイスタンブールの地で聞いたレコードに衝撃を受けトルコ音楽に開眼。
歌舞伎町Be Waveで不定期開催の辺境ワールド系パーティSOI48のトルコ担当として活動。
トルコのアーティストの再発盤のライナー執筆なんかも時々やってます。
https://m.mixcloud.com/kunioteramoto9/

 

DJ HONEYPANTS
ロマンティック、ゴージャス、ドラマティック、そしてアウターナショナルな選曲を心がけています。
Romantic, Gorgeous, Dramatic, and Outernational
https://m.soundcloud.com/djhoneypants


Kenjinho
https://www.residentadvisor.net/dj/kenjinho
Brazilian Living in japan since 2015 Like playing Latin and World Music of any genre. From Bossa Nova to House.
生まれも育ちもブラジルはサンパウロ、日系ブラジリアン3世のKenjinhoは、当然ながらブラジル及び南米音楽に詳しく、多くのブラジルサウンドやクンビアなどを含んだ太陽のような明るいグルーヴを紡いでくれます!


Keito
五感を使ったバーチャルリアリティを作ることを楽しんでいる日本生まれの地球人です。
An earthling Born in Japan enjoying creating virtual reality using five senses.

Moctor
日本とセネガルのマリアージュの末に生まれ落ちた、保土ヶ谷のクロヒョウ。
正統派テクノミュージックでdeepな世界へと誘う。

くふき

やおよろずの音楽に影響をうけて”いま”の音楽を創作する肉体派音響バンド。日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。ドイツ、イギリス、ポルトガルからアルゼンチン、コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年には韓国、2014年にはヨーロッパと、海外ツアーも積極的に行っている。旬の音楽家を集めた一大イベント”くふきの大豊年祭”(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ”animal”(神宮前bonobo)等、イベントも精力的に開催。2018年1月 映画『バンコクナイツ』トリビュート盤12インチ「田舎はいいね」、2018年4月 12インチ”どどめe.p.”を英国LES EDITIONS JAPONAISからリリース。

http://kufuki.jp/

Next Post

© 2019 くふき