2019.11.17 △animal vol.拾参△~feat.DJ Cuidado and João Pais Filipe~

2019年11月17日日曜日 17:00〜23:30
料金:1500円/1d
於:bonobo 東京都 渋谷区神宮前2-23-4

ポルトガル・地下音楽シーンの最重要レーベル”lovers & lollypops”総帥 DJ Cuidadoが鬼才パーカッショニスト、ゴングメーカー João Pais Filipeとともに初来日!

その可愛らしい名前とは裏腹に、ポルトガルの深淵かつ重厚な部分をもっともうまく表現するレーベルlovers & lollypops”。
奇才パーカッショニスト、ゴングメーカー João Pais Filipeとともに来日する、総帥 DJ Cuidado は実に優れたDJでした。

当初、11/14 “くふきの大豊年祭〜João Pais Filipe Asia tour in Tokyo〜”だけを企画していた我々ですが、それだけではもったいない。
スピンオフDJイベントとして、今回のアニマルを開催します。

ポルトガル勢にはぜひとも見せたかった、Chee Shimizu氏を始めとする日本屈指のディープなDJ陣をオファー。
くふきも久しぶりに全員ソロで登場します。

11/14ともども、どうぞよろしくでおねがいします!

Special Guest DJ:
DJ Cuidado

LIVE:
João Pais Filipe(小編成セット)
としまさ(くふき)

DJ:
Chee Shimizu
suimin
Kunio Teramoto a.k.a. moppy
Kenjinho
DJ HONEYPANTS
Keito
Moctor
こんの(くふき)
さいとう(くふき)
のぶなが(くふき)

獣料理:
煙や

出店:
モロッコ軍団

DJ Cuidado
彼と彼の音楽を一言で洗わうならば(Melomania)だろう。彼の最初の音楽体験といえば、父親のレコードを粉々にしてしまったことだ。その後さらに芸術的な悪巧みはエスカレートしていくことになる。楽器なんて全く学ぶ気にはならなかった。それより音楽の深みへとはまり込み、潜っていった。思慮深く物静かなその人物こそ、ポルトガル地下音楽シーン最重要レーベルLovers & Lollypopsの総帥DJ Cuidadoである。https://www.mixcloud.com/eastsideradiolx/dj-cuidado-15-feb-2019/

https://www.mixcloud.com/MeduseMagiQ/radi%C3%B3-meduse-magiq-carte-blanche-with-lovers-lollypops-january-2019/

João Pais Filipe〔ジョアオ・パイス・フィリペ〕
ポルトガル北西部海岸・ポルトのアーティスト、ジョアオ・パイス・フィリペ。彼は単なる音楽家に在らず。超独自なドラムキットを手がける職人であり、精緻なパーカッショニストだ。インダストリアル〜ジャズ〜アヴァンギャルドの辺縁、まだ欧米の識者が踏み込んでいない領域を歩んできた。彼はリズミックな戯れからメロディーとハーモニーが生まれるよう楽曲に魔法をかける。メカニックとオーガニック。ループとリピート。ダンスフロアの爆発とマントラの輪転。その陰陽が絶妙にコントロールされた新しいサウンドは、ethno techno〔エスノ・テクノ〕と名付けられた。
自身の名を冠したファーストでは、非常に精緻な3曲が展開される。円を描くドラムパターン。ハンドメイド・パーカッションによるオーガニックな音色。彼はテクノ・ハウス・その他ダンスミュージックの再解釈を成し遂げた。不思議なことに彼のプレイは、ミュジーク・コンクレートでさえも真に感動的で、エモーショナルな音楽へと変えてしまう。そしてJoão Pais Filipeは今一度マシンの座を奪還する。 − 果たしてアンドロイドは電気羊の夢を見るのか? − エスノ・テクノによる深淵の探求へ。
joao-pais-filipe.tumblr.com
www.loversandlollypops.net

 


Chee Shimizu
DJ、選曲家、執筆家、プロデューサー、レコード・ショップ<ORGANIC MUSIC>の運営など、多彩な顔を持つ音楽人。ダンスからリスニング、フリーフォームなエクスペリメンタル・セットまで幅広いプレイ・スタイルを展開。著書に『obscure sound~桃源郷的音盤640選』。17853 Records、JAPANISMなど複数のレコード・レーベルを主宰。昨今は即興音楽家のmiku-mariとのハイブリッド・ライブ・セッションにも積極的に取り組んでいる。2019年6月、東京下井草に<PHYSICAL STORE>をオープン。
http://organicmusic.jp/

suimin
『覚醒、瞑想、殺人。』


Kunio Teramoto a.k.a. moppy
サイケデリック音楽探求の末辿り着いたイスタンブールの地で聞いたレコードに衝撃を受けトルコ音楽に開眼。
歌舞伎町Be Waveで不定期開催の辺境ワールド系パーティSOI48のトルコ担当として活動。
トルコのアーティストの再発盤のライナー執筆なんかも時々やってます。
https://m.mixcloud.com/kunioteramoto9/

 

DJ HONEYPANTS
ロマンティック、ゴージャス、ドラマティック、そしてアウターナショナルな選曲を心がけています。
Romantic, Gorgeous, Dramatic, and Outernational
https://m.soundcloud.com/djhoneypants


Kenjinho
https://www.residentadvisor.net/dj/kenjinho
Brazilian Living in japan since 2015 Like playing Latin and World Music of any genre. From Bossa Nova to House.
生まれも育ちもブラジルはサンパウロ、日系ブラジリアン3世のKenjinhoは、当然ながらブラジル及び南米音楽に詳しく、多くのブラジルサウンドやクンビアなどを含んだ太陽のような明るいグルーヴを紡いでくれます!


Keito
五感を使ったバーチャルリアリティを作ることを楽しんでいる日本生まれの地球人です。
An earthling Born in Japan enjoying creating virtual reality using five senses.

Moctor
日本とセネガルのマリアージュの末に生まれ落ちた、保土ヶ谷のクロヒョウ。
正統派テクノミュージックでdeepな世界へと誘う。

くふき

やおよろずの音楽に影響をうけて”いま”の音楽を創作する肉体派音響バンド。日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。ドイツ、イギリス、ポルトガルからアルゼンチン、コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年には韓国、2014年にはヨーロッパと、海外ツアーも積極的に行っている。旬の音楽家を集めた一大イベント”くふきの大豊年祭”(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ”animal”(神宮前bonobo)等、イベントも精力的に開催。2018年1月 映画『バンコクナイツ』トリビュート盤12インチ「田舎はいいね」、2018年4月 12インチ”どどめe.p.”を英国LES EDITIONS JAPONAISからリリース。

http://kufuki.jp/

次へ 投稿

© 2019 くふき